×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク
初めてのメイク
メイクをはじめてするときってドキドキしませんでしたか? お母さんや知り合いの大人の人を見て、お化粧は当たり前にしているんだって思っていました。いざ自分が大人になったときに、実際メイクってどのようにするんだろうって思いました。メイクは社会人にとって、マナーだと聞きました。口紅だけはきちんと塗らないと裸で歩いているようなものだと、マナー研修のときに教わった覚えがあります。 初めての化粧は高校3年生のときに、メイク研修がありました。そのときにファンデーションをはじめて塗ってもらって、気持ちが悪いと感じたのを覚えています。でもメイクが仕上がったときには、自分ではないようなきれいな仕上がりでびっくりしました。メイクで自分が大人になったような気がしました。 はじめて化粧をして帰ったときは、恥ずかしくて家族の顔をまっすぐ見ることも出来なくて、下ばかり見ていました。化粧は自分では見えないので段々となれてくるものです。鏡を見ると、ドキッとしますけど。。。 今の時代は高校生で化粧をしていないほうが珍しくなりつつあります。メイクも低年齢化しています。本当は若いうちはすっぴんが一番お肌にはいいのですが、きちんとクレンジングをしていれば問題ないのかなとも思います。メイクするときは、化粧の前後のケアを大事にしていきましょう。
スポンサード リンク スポンサード リンク
基礎化粧品 メイク術
メイクはお肌にするものです。メイクできれいに仕上げようにもお肌が汚くてはなかなかきれいには仕上がりませんので、まず、基礎化粧品でお肌を整えましょう。基礎化粧品にはキリがないほどたくさんあります。会社によっても違うので、自分に合うものを探しましょう。
基礎化粧品は「クレンジング」「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」などなど、他にもたくさんあります。自分のお肌の水分量によったりしてかわってきます。どこでも良いので美容員のいるお店などで自分のお肌に合う化粧品を探しているといえば、水分量を測ってくれたり、化粧の仕方を教えてくれたりするので、お勧めですが、化粧品をたくさん勧められてしまう可能性があるので、ある程度断ることの出来る人なら良いと思います。
メイクでの基本は、洗顔です。洗顔は必ずしてください。普通に生活していても、お顔は必ず外に出ています。排気ガスやほこりが顔についていて、思っている以上に汚れています。この汚れが肌を痛めつけている原因でもあります。洗顔はやさしく丁寧に洗います。次に化粧水で水分を補給し乳液で潤いを閉じ込めるのです。初めて化粧をする人はこれが一番一般的なケアです。美容液やパックは潤いが乏しいなとかハリがなくなったなぁとか思ったときに使えば良いので、揃えておかなくてはならないわけではありません。
初めてのメイクはどのようにしたら良いでしょうか?はじめてメイクするなら、雑誌を見たら良いと思います。好きなモデルさんやタレントさんがいると思いますが、その人の出ている雑誌を見たり、ファッション雑誌ならメイク術が載っていたりします。それと同じものを買ったりすると参考になると思います。
最近ではTVでもメイク術を公開していたりするのでわかりやすくなりましたね。でも誰もが似合うメイクとは限りませんので気をつけてください。初めてのメイクだからこそ、自分に合うものを知りたいと思うものです。ファッション雑誌を見て研究するだけでは駄目です。はじめは友達と持っている化粧品を交換しながら自分に合う色を探しながら、試行錯誤していきましょう。情報交換はメイクにとっては必要です。流行もあるし、使い方がわからなかったりすると、教えてもらえますので、目からうろこだったりしますよ。
メイク情報はこまめにチェックしましょう。

Copyright © 2008 メイク〜初めての人のために〜

プライバシーポリシー Yahoo!JAPAN 花風水で運気アップ! お試し中?! 好き?きらい?